| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ほんま会


2009年6月22日発足した「ほんま会」を中心にした
これから前向きに生きる会員たちのお話ブログです!
福島県に住んでいることで、世の中の矛盾が他の人よりも良く分かってしまいます。
真実のメッセージを発信していきます☆
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    弁護士Stanley Hilton 911の犠牲者遺族が集団訴訟 ブッシュ大統領に損害賠償70億ドル請求(ジャーナリズム
    0
      http://voicevoice.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-a33c.html

      抜粋ここから



       

      ぜひ、このビデオを見て下さい
      http://video.google.com/videoplay?docid=8026523527144505707&hl=en#

      アメリカ政府の自作自演であった証拠が多くあり

      911の犠牲者遺族400人が、ブッシュ大統領に損害賠償70億ドルを、請求し裁判に訴えた。

      代理人、Stanley Hiltonという敏腕弁護士のインタビューも、入っている

      犯人として、逮捕されたイスラム人たちは、なんら、イスラム原理主義とは、関係のない人たちで、アメリカ政府にやとわれて、アメリカ国内にいた。FBIから金をもらっていたと、犯人の妻が証言。

      彼らは、飛行機のシミュレーションの訓練を受けただけで、実際の飛行機には、操縦した経験がない。

      さらに、シミュレーション訓練は、911に激突したとされるUA175便のボーイング767とは別のものであった。

      専門家に聞くと、古い型で、操縦のシミュレーションをしていても、911の最新のUA175便の操縦は、無理だ。犯人たちには、操縦は無理だ。

      彼らが犯人にされた理由は、空港に「コーラン」が落ちていた。「パスポート」が見つかった。

      しかし、弁護士はいう、本当の犯人は、そのような証拠をわざわざ、空港に残したりしない。と

      さらに、弁護士によると

      世界貿易センター(WTC)に突撃したUA175便には、のっとり犯は、乗っていなかった。

      アメリカ政府が、遠隔操作で、地上から、飛行機を遠隔操作し、WTCに、突撃させた。

      ボーイング767の、おなじ型の飛行機で、アメリカ政府は、事前に、実験をしている。

      それが、エジプト航空機の墜落事故である。

      あの事件は、アメリカ政府によって、遠隔操作をして、墜落させられた。

      そして、成功した。それと同じ型の飛行機であり、

      さらに、そのときの管制官と同じ管制官が、911のときも、いた。

      同じ管制官によって、飛行機を、遠隔操作されたものだ。

      エジプト航空機の墜落のときは、ボイスで、パイロットが、「操縦不能となった」 といっている。

      遠隔操作をされると、パイロットが操縦不能となる。

      さらに、

      ペンタゴンに撃墜したとされた、AA11便は 実は、ペンタゴンには、撃墜していなかった。

      ペンタゴンに撃墜したといわれ、爆破したと報道されているが、それは アメリカ政府の嘘である。

      そのペンタゴンの事故現場には、AA11便の乗客の死体が、ひとりも見つかっていない。

      また、そのAA11便の飛行機のエンジンも、みつからなかった。AA11便の破片はなかった。

      AA11便の大型の飛行機が激突した痕跡はなく、小型のものが激突している

      調べたところ、そこに爆破されて落ちていた飛行機のエンジンは、それはアメリカ政府の無人偵察機、グローバルフォークのエンジンであった。

      グローバルフォークは、無人偵察機で、遠隔操作ができる、それを、ペンタゴンに激突させ爆破させた。

      それを、AA11便だと、嘘をいっているアメリカ政府

      AA11便の旅客機は、別の場所へ誘導され、アメリカ軍によって、墜落させられた。

      別の場所で、おなじ型のAAの飛行機の墜落事故があった。

      ペンタゴンの近くにある、ガソリンスタンドの監視カメラに、このときの、映像が映っている、

      公表されたが、しかし、不思議なことに、激突したときの、映像部分が、何者かによて、カットされている。

      ガソリンスタンドに、取材にいこうとすると、アメリカ政府が、立ち入り禁止と、取材できなくされている。

      アメリカとイスラエルが、イラクの石油利権とパレスチナへの侵略するために、戦争をしかける口実をつくった自作自演である

      など。。他にも、多くの証言、証拠が、、

      この中に、イスラエルのことが、話されていなかったので、追記しておこう。

      WTCにイスラエル人の銀行マンなどが、通常は、2000人ほど、働いているにもかかわらず、911の日には、イスラエル人が、が一人も、WTCにいなかった。

      911の事件を調べているうちに、そのことを知り、重大なことを知ったNHK解説委員主幹・長谷川浩さん(55)が、突然、不可解な変死=NHKセンターから転落死=をしている。

      そのNHK社員の死亡事件以来、日本のマスコミは、口を閉ざすようになった。

      抜粋ここまで

      |01:05| 9.11テロ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 本間 香伊奈 - -
      スポンサーサイト
      0
        |01:05| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://fusiginana.jugem.jp/trackback/104
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.