| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ほんま会


2009年6月22日発足した「ほんま会」を中心にした
これから前向きに生きる会員たちのお話ブログです!
福島県に住んでいることで、世の中の矛盾が他の人よりも良く分かってしまいます。
真実のメッセージを発信していきます☆
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    やはり火星は人が住める! 居住のために建物か_???
    0

      http://oka-jp.seesaa.net/article/207924451.html

      以下転載させていただきます!


       Google Earth の火星上で見つかった物体が海外で話題


      (訳者注) アメリカのアマチュア天文家が、Google earth で、火星の上に「奇妙な建物を見つけた」というニュースが話題となっています。

      先日、「火星の真実を自らのボディで示してくれた無人探査機の引退 (2011.05.26)」というような記事で、私自身も妙なことを書いたりしていたので、その関連もありまして、ご紹介いたします。

      今回の「火星の建物のような物体」の画像は、不鮮明ですが、このようなものです。

      marsstation.jpg

      Google Earth での座標は「 49'19.73"N 29 33'06.53"W 」とのことですが、今回は私は確認していません。


      そういえば、先日、吉祥寺を歩いていましたら、漫画家の楳図かずおさんとすれ違いまして、思わず「あ、先生どうもお世話になってます」と挨拶しました(向こうはこっちを知らないっての)。

      でも、楳図さんはよく吉祥寺とか西荻を歩いていて、すれ違うたびに私は挨拶しているので、楳図さんも、「あ、どうも」と挨拶してくれました(笑)。


      さて、そういうこともあり、上のスピリッツの引退の記事でご紹介した、「火星のまことちゃん」が、スピリットの撮影した火星の写真のどのあたりにあるのか、記事の下に示しておきますね。

      では、最初に本記事です。
      英国のデイリーメールより。
      ちなみに、読者の反応も大きいようで、このデイリーメールの記事にはとてもたくさんのコメントが寄せられています。



      Armchair astronaut discovers Mars 'space station' using Google earth
      デイリーメール(英国) 2011.06.05

      アマチュア天文家がグーグルアースを使って、火星に「宇宙ステーション」を発見した


      アメリカの「インドア天文家」が、火星の表面で奇妙な建造物を発見したと主張している。
      グーグルアースで見つけたものだという。

      今回これを発見したディヴィッド・マーティンズは、YouTube にその動画をアップしており、現在までに非常に多くのアクセスを得ている。

      mars-1.jpg


      これはグーグルアース上の 49'19.73"N 29 33'06.53"W にあり、この「建造物」のようなものは、赤い土地の上の白いシミのようにも見えるが、赤や青の直線的なストライブも見えるような感じはする。

      「これはまったく偶然に見つけたものなんだ」と発見したマーティンさんは言う。

      全体として「駅」のような景観だと感じたといい、彼はこの物体を「バイオ・ステーション・アルファ」と呼んでいるという。

      見つけたのは火星のこの白い円のあたり。

      mars-2.jpg


      彼は続けてこう語った。

      「これはその大きさがすごいんだよ。この建物みたいなのは、長さが 700フィート(約 200メートル)で、幅が 150フィート(45メートル)ある。発電所くらいの大きさだ。これが武器じゃないことを願うよ」。

      「この建物の目的はわからないし、想像もつかないが、スペーストラベラーの休憩所か何かじゃないのかね。これが NASA と関係があるのかどうかはわからない。そもそも、 NASA がこのことについて知っているのかどうかもわからない」。


      しかし、今回の発見は、悪名高い「火星の顔」とも類似しているような感じもある。
      それはこの写真だ。

      face-1.jpg

      これは、1976年に火星探査機バイキングによって火星の表面を撮影した時に写ったもので、「顔ではないか」と話題となったが、結局は、岩の影での光の加減によって顔のように見えただけだと NASA の科学者たちは結論付けた。


      今回の「駅」の写真について、我々(デイリーメール)は、 NASA と Google に連絡を試みたが、どちらからも回答はなかった。


      YouTube のディヴィッド・マーティンズさんの動画








      (訳者注) 上に書きました「火星のまことちゃん」の場所です。


      ・これがローバースピリットが撮影した火星表面の写真全域です。この矢印のあたりを拡大します。

      zen-2.png



      ・何倍くらい拡大させたのかは忘れてしまいましたが、拡大したのがこちらです。さらに矢印の先を拡大します。

      makoto-2.gif



      ・この矢印の先にまことちゃん。






      周囲にも同じような青い服を着た人がたくさんいます。
      ある程度、拡大をきれいにできるソフト( Photoshop や Mac OSX 付属のプレビューなど)があれば、どなたにでもできます。

      http://oka-jp.seesaa.net/article/207924451.html
      |18:39| 宇宙の事 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 本間 香伊奈 - -
      スポンサーサイト
      0
        |18:39| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://fusiginana.jugem.jp/trackback/154
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.