| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ほんま会


2009年6月22日発足した「ほんま会」を中心にした
これから前向きに生きる会員たちのお話ブログです!
福島県に住んでいることで、世の中の矛盾が他の人よりも良く分かってしまいます。
真実のメッセージを発信していきます☆
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    復興財源に浮上する緊急税…
    0
       http://ameblo.jp/kokkahasan

      政府の復興構想会議の提言で

      巨額の財源確保のために

      基幹税(所得、法人、消費税)による

      臨時増税の必要性を明記しました。


      所得税、法人税の増税を一定期間

      1割増税を行う案「定率増税」が

      有力視されています。


      財務省が主張する消費税では、

      被災地にも一律にかかるため

      復興財源としてはそぐなわないとの意見が

      政府では強くなっています。


      しかし、所得税、法人税の低率増税では

      税収が2兆円程度にしかなりません。


      震災の被害額は推計16.9兆円にのぼり、

      今後10兆〜16兆円の国費投入が必要と

      されています。


      国債増発も、国・地方の長期債務が

      869兆円に達しており、これ以上の

      債務超過を避けなければなりません。


      このように復興財源の調達には

      困難を擁しています。


      そこで、一部浮上してきているのが、

      たばこ税や酒税と合わせて

      資産にも税をかけて増税するという案です。


      つまり、「資産税」です。


      国民の金融資産1400兆円(純資産1100兆円)

      がありますから、きわめて魅力的なわけです。


      しかしながら、憲法に規定されている

      「個人の財産権」の侵害にあたりますから

      憲法を変えない限り、無理といえます。


      ですが、国家の非常事態時には

      超法規的に認められているのです。


      国家の非常事態時、

      すなわち「国家破産」を求める声が

      政府当局の間であるのも事実なのです…。


      http://ameblo.jp/kokkahasan
      |06:56| 納得行かない! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 本間 香伊奈 - -
      スポンサーサイト
      0
        |06:56| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://fusiginana.jugem.jp/trackback/188
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.