| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ほんま会


2009年6月22日発足した「ほんま会」を中心にした
これから前向きに生きる会員たちのお話ブログです!
福島県に住んでいることで、世の中の矛盾が他の人よりも良く分かってしまいます。
真実のメッセージを発信していきます☆
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    広瀬さんと言う人の記事、抜粋
    0
      この人のブログは参考になりますので

      抜粋します

      以下抜粋・・・

       
      インタビューズ (2011年03月20日)
      予言されていた“原発震災”
      広瀬隆氏インタビュー

      ↑ 予言されていた原発震災
       

      作家の広瀬隆氏は、80年代から原子力発電所の危険性を訴えてきた方です。

      昨年出版した『原子炉時限爆弾』では、「原発が地震によって制御不能に陥り、周辺に放射能を撒き散らす“原発震災”が起きる」と予測していました・・・

      広瀬氏は。。。


      火力発電と水力発電で日本の電気使用量はまかなえる

      と断言しています☆

      原発を停止した際の
      電力不足を心配するより

      まず今は、原発の危険性をしっかりと考えてほしいと話しています。

      こんなこと、あたりまえじゃないですか???

      人の命が、健康を犠牲にして

      全く安全な地域の人達の電力不足って???

      まさか、このような優先順位も分からない人が国のトップなんでしょうか?

      広瀬氏は


      たとえ福島原発の被害を最小限に食い止めることができたとしても

      次の大地震で別の原発が事故を起こすと懸念しています。

      当然です

      地震国にこんなモノを作ること事態、おかしいです!


      安全なものなら、どうして地元に作らない???

      こうなることが想定外といいますが・・・

      それを想定しないで、こんなモノを福島県につくってしまった責任は思いと思います。

      これからつくる原発が絶対安心という方、今の原発も安全という方達は・・・

      すぐその原発のある町に家族ごと引っ越して、生活をしてから発言してください。


      日本の原発はどのような危険性をはらんだものであるのか。

      政府、メディア、御用学者はほとんど事実を話していないと断じる広瀬氏に、神保哲生が聞いた。


      そのインタビューがここから見れます。

      広瀬 隆ひろせ たかし
      (作家)
      1943年東京都生まれ。
      66年早稲田大学理工学部卒業。
      メーカーの技術者を経て、執筆活動へ。
      スリーマイル島原子力発電所事故を機に、
      81年『原子力発電とはなにか そのわかりやすい説明』、同年『東京に原発を!』を出版。
      その他の著書に『危険な話』、『柩の列島』、『原子炉時限爆弾』など。


      抜粋ここまで

      偶然発見したブログですが

      かなり、人脈があると思われます

      これからの記事も参考にさせていただきたいと思います。
      |09:10| この人を知ってください!! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 本間 香伊奈 - -
      スポンサーサイト
      0
        |09:10| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://fusiginana.jugem.jp/trackback/34
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.