| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ほんま会


2009年6月22日発足した「ほんま会」を中心にした
これから前向きに生きる会員たちのお話ブログです!
福島県に住んでいることで、世の中の矛盾が他の人よりも良く分かってしまいます。
真実のメッセージを発信していきます☆
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    国家破綻したら・・・IMFの管理下において
    0
      この国家破産については

      天下泰平さんのブログが参考になりますので

      どうぞ、ご一読ください


       日本が国家破綻したら、その後はIMF(国際通貨基金)の管理下に入ります。
      具体的にIMFによってどのような措置がとられるかと言えば、以下のような可能性があります。


      1.公務員の総数の30%カット及び給料の30%カット。ボーナスは全てカット。
      2.公務員の退職金は100%全てカット。
      3.年金は一律30%カット。
      4.国債の利払いは5〜10年間停止。
      5. 消費税を15%引き上げて20%へ。
      6.課税最低限を年収100万円まで引き下げ。
      7.資産税を導入し、不動産は公示価格の5%を課税。債券・社債は5〜15%を課税。株式は取得金額の1%を課税。
      8. 預金は一律、ペイオフを実施。第2段階では、預金額を30〜40%カット。

      こんなもので済むかはわかりませんが、戦後の近代日本がGHQに支配されて人工的に作られたのと同様に、次はIMFによる日本再構築です。詳細はお伝えしませんが、GHQもIMFも根源は同じ勢力が絡んでいるでしょう。

      転載ここまで

      いかがですか?

      今、震災や原発問題などで抱える問題が山積みなのに

      国家は今後は・・・

      このような事態も想定して置かなければならない状況なのです

      この国は・・・

      GHQやIMFによって、真の独立国になろうとしても妨げられているこの現状・・・

      今日は、少し不安な情報で申し訳有りませんでした・・・

      でも、現実から目を背けてはいけないんです

      これからは・・・!
      |09:56| 国家破産(お金について) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 本間 香伊奈 - -
      スポンサーサイト
      0
        |09:56| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://fusiginana.jugem.jp/trackback/39
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.