| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ほんま会


2009年6月22日発足した「ほんま会」を中心にした
これから前向きに生きる会員たちのお話ブログです!
福島県に住んでいることで、世の中の矛盾が他の人よりも良く分かってしまいます。
真実のメッセージを発信していきます☆
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2011/04/5月3日火ベンジャミンフルフォード特別チャリティー講演会311東日本大震災の真相に.html
    0

      抜粋先はこちら 『巨大地震が原発を襲う』船瀬俊介著 地湧社刊より抜粋

      以下引用

      P338より
      原発は、石油をガブのみするーーーー代替エネルギー論のウソ

      ● “石油三〇年”説は国際的陰謀
       藤田氏は言う。(藤田祐幸氏)
       「ここに二つの問題があります。一つは、『石油はあと三〇年で枯渇する』という“迷信”。もう一つが、原子力は石油の代替であるという“迷信”です。」
       そういえば、1970年代初め「石油はあと30年で枯渇する」とマスコミも盛んに書きたてた。若かった私は「それは大変なことだ」と焦った、「石油に替わるエネルギーを見つけなければ」。私の関心は北欧などで開発が進んでいた風力発電や波力、地熱などの自然エネルギーに向かったが、大半の人々は、この嘘に煽られて原子力に向かった。つまり、“石油三〇年”枯渇説こそ、原発推進のための国際的陰謀だったのだ。
       80年代半ばになっても不思議なことに、石油は枯渇するようには見えない。だれもが「おかしいゾ」と思い始めた。すると87年ごろから「あと“45年”で枯渇する」と先のばしを始めた。なんとまあ、いい加減なことか。ここでも謀略の片棒を担いだマスコミの責任は重い。
      「つまり石油枯渇説には、根拠がありません。少なくとも、あと何十年という水準で枯渇するものではない。不思議なことに、もうすでに枯渇しているはずの石油の埋蔵量は年々増えている事実があります。」(藤田氏)
       呆れてものが言えない。つまり国債石油資本は、「確認埋蔵量」を低めに公表し、70年代から87年までは“30年”枯渇説を流布し石油価格を高値維持させ、一方で原発利権で大儲けしたのだ。その虚説がバレそうになったので、埋蔵量を少し多めに発表して“45年”枯渇説にシフトしたわけだ。やりたい放題とは、このことだ。

      ● 石油なしでは、ウランは電力にならない
       原子力が石油の代替エネルギーにならないもう一つの根拠は、原発自体が石油に依存しているからだ。原発とは、燃料のウランを電力に転換することだ。
      「転換するすべての過程において、石油が必要になります。.Ε薀鷙杙海妊Ε薀鷓侶,垢襦▲Ε薀鷙枩个鮴栽する。8業まで輸送する。それらのためにも石油が要る。さらに、原子力発電所そのものが使っているあらゆる機器も部品も、電気を送る電線ケーブルも、最後には、廃棄物の固化に使われてきたアスファルトもすべて石油製品です。このように、ウランというものは、石油なしには電力に転換することができない。」(藤田氏)
       つまり、原子力の正体は、石油エネルギーがウランエネルギーに転換し、それが電力に替わっていたにすぎない。
      「問題は、石油を直接、電力に転換するか?石油を使ってウランを電力に転換するか?その選択肢の問題になります。」(藤田氏)
       前者の方が合理的であるのは赤子でも分かる。

      ● 原発を進めるほど石油をガブのみ
      さきほどの通産省が発表した発電コスト、原発9円石油火力10円という数値を見て欲しい。これは原発が石油と同じ発電コストだと推進理由がなくなるので、政治的に1円安く見せているにすぎない。前述のように放射性廃棄物、廃棄原発の処理コストを除外しているのだから、はじめから比較しようがない大ペテンなのだ。
       チェルノブイリ原発のように一度、事故を起こすと世界規模で汚染が広がり、農業などあらゆる産業にダメージを与える。そしてガン、白血病などの人的コスト。それらのコストを勘案すれば、原発の真のコストは、キロワット当たり100円は下るまい。石油→電力と直接換えたほうが、石油→ウラン→電力と二手間かけるより、はるかに合理的なのだ。
      「原子力は、石油の代替物ではなく、石油が枯渇すればウラン電力に転換できません。残る問題は、どちらのほうが石油の節約になるか。放射性廃棄物の処理も、石油がなくてはできません。よって(原子力は)実は、石油の節約になるどころか、全体として、大変な石油浪費になる可能性があります。」(藤田氏)

      引用終了

      このことは私知りませんでした。これじゃあ、ロックフェラー家坊主丸儲けじゃあないですか。しかもデイビットよりジェイの方が金もうけが上手く高い電気料金ということで日本を喰い物にするのが上手。さすが、パチパチ拍手物です。

      これは船瀬氏の著作ではありますが、大事なこととおもってコピーしたのですが、問題があればコメントに表示するのはベンジャミンさんの判断に任せます。

      それとベンジャミンさんはご存知ですか?最近抗がん剤が巧みになってきていること。

      内服可能な長期投与が可能な抗がん剤とか、癌の生存率が若干上がってきています。

      これは日本に留学経験のあるジェイ・ロックフェラー氏が「百姓は生かさず、殺さず」の精神を学び「癌患者は生かさず、殺さず」で金もうけしようとしているのでは?(笑)

      中にはアルカロイド骨格を持ったものもあり、あれっ、それこそ、ベンジャミンさんが言っていた若い頃アマゾンの祈祷師が知っていた薬草の成分を研究して抽出したものを人工的に合成したのかな?などと想像がふくらんでしまいます。

      貴重な講演楽しみにしております。

      |15:20| ベンジャミンフルフォード | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 本間 香伊奈 - -
      スポンサーサイト
      0
        |15:20| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://fusiginana.jugem.jp/trackback/71
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.